Schoolzone’s diary

計画立案力を上げるために頑張りませう

予備自衛官補 技能部 受験しました 午後(小論文 適性検査 身体検査Ⅱ)

午前に引き続き、午後の内容も書いていきます。 

 

schoolzone.hatenablog.com

 

 

小論文

 お題は、

自衛隊においてあなたの技能(資格)をどう活躍させるか」

 試験時間は1時間で、A4くらいのサイズの紙に横線が28本。

  技能もたいしてもってないんだよなぁ…。まあそんなこと書くわけにもいかないので、

  1. ソフトウェアを作る機会があったらすごい活躍します
  2. 昔からプログラミング経験あります。ゲームも作りました
  3. これからプログラミングだけでなく様々なIT分野の課題に取り組むぞい
  4. 採用してくれたら頑張るぜ!

 という感じ。4つの段落に分けて、25行くらい書きました。

字の汚さに後悔。こういうところをみられるんだろなー。皆さんはしっかり準備して落ち着いてかける準備をしたほうがいいです。

 

適性検査

 

試験時間30分で70問程のYes or No(どちらでもなかったら両方にチェック)の質問に答えていきます。たいして時間のかかる試験でもないし、のんびりした試験で、全員が終わるまで待っているとのこと。ゆるゆり

 

 「あなたは感じやすい」

 「決断した事を後々後悔することが多い」

「多少のことで息切れする」

「人を信用したことがない」

「命令されると嫌な気持ちになる」

 

とか聞かれました。車の免許でありましたよね、こんなの。

なんか「いいえ」の選択肢がやたら固まっていました。ふつうバラバラになると思うんだけどなあ・・・。この検査だけ嫌な予感がします。

 

身体検査Ⅱ

午前と違い、午後の身体検査はスーツをすべて脱いで、パンツ以外生まれた時の姿で検診です。X線撮影、肺活量、アレルギー問診等です。


 採血
極太の針で僕の腕の関節辺りの血管にグサリ。
どくどく血が抜かれます。

 

悪いな、我が眷属よ。
俺の生け贄となってくれ。

だがお前たちの存在は決して「ちょっと腕の力抜いてくださいねー」あっすいません。

 

  関節の動きを見る検診では、体の特徴を隅々まで見られます。

恐らく、訓練や実戦のケガで、身元が分からなくなった時の対策の検査ですかね。

僕は生まれつき背中から両腕にかけて、遺伝のブツブツが無数にあります。

「いつごろからありました?」「かゆい?痛い?」

病院でも聞かれたことがないほど細かくチェックされます。


それらの検査が終わると、再び控室に。

身体検査が終わった者は呼び出しがあるまで現在地にて待機とのこと。

用語カックイー。夕方4時30分には駐屯地を脱出しました。

帰り道で迷ったのは内緒。

 

最後

 思ったことは…合格発表のあとしたいと思います。

あ、あとダイエット日記ですが休みです。またバイトの面接ありました・・・。

ちなみに面接会場で採用してもらえました。やったぜ。

明日はしっかりダイエットしますよ!タブンネ

 

以上!終わり!!閉廷!!!

 

↓押すといいことあります

 

 

見てくれたら何でもします。

schoolzone.hatenablog.com

 

schoolzone.hatenablog.com